カニステルとは
この記事のポイント
  • 茹で卵の黄身のようにホクホクとした食感の珍しいフルーツ!
  • 炭水化物がかなり多く,サツマイモを凌ぐほど!
  • 発芽率がかなり高く,鉢植えでも簡単に栽培できる!

けんゆー

まだまだ世界には食べたことのないフルーツがたくさんあるのだよね!


こんにちは.けんゆー(@kenyu0501_)です.

本日は,黄色くてツヤツヤした謎のフルーツ,カニステルをご紹介いたします.
タイなどの東南アジアでは日常的に食べられているメジャーなフルーツですが,日本では沖縄県でもあまり知られていないフルーツで,生産量があまりありません.

けんゆー

沖縄県宜野湾市のハッピーモアという直売店で,ゲットしましたー!!美味しい!

カニステルはとても珍しいトロピカルフルーツなので,見かけたら買うようにしています!種を取って畑に植えます!笑

けんゆー

あまり聞きなれない名前ですよね!!おいらの畑では育てていないのですが,ゆくゆくは育てていきますよ!


栽培しても売れにくいということから,沖縄県の農家では「蟹捨てる」「金捨てる」など揶揄する呼び方があったとも言われますが,食べ慣れると美味しいです!.

一見,柑橘類のようにも見えるフルーツですがいったいどんな果物なのでしょうか!
育て方や食べ方などをあわせて,カニステルの魅力をご紹介いたします.

カニステルってどんなフルーツ?

カニステルメキシコ,中央アメリカが原産のトロピカルフルーツで,国内では主に沖縄県で栽培されています.
高さは5~8mほどの低木ですが,品種によっては17mほどになる高木にもなります.

けんゆー

糸満市などでは,庭先にカニステルを植えている家庭も見かけるよ!

カニステルは果肉に水分が少なく,茹で卵の黄身のようにねっとりともっちりとした独特な舌触りが特徴的です.
そのため別名「エッグフルーツ」,「果物の卵」ともいわれています.

品種によっては細長いものや,成人の握りこぶし2つ分の丸々としたものなどさまざまな形をしています.

味は意外にも,完熟すると焼き芋カボチャのような濃厚な甘みがあります.
サツマイモやカボチャのペーストを食べているよう」とも表現されます.

食べ方は!?

カニステルの旬は1~4月ころとなります.

けんゆー

今がめちゃくちゃ旬だね!!

カニステルは完熟していない状態だと,ヤニ臭があり甘味があまりないため,購入後1~2週間程度は常温で追熟させる必要があります.
追熟させて,果皮がオレンジ色になり,しわしわになって皮が割れてきたころが食べごろです.
触れたときに潰れてしまいそうなほど柔らかくなると一番美味しく食べられるようです.

比較的長い期間,追熟させる必要があるため果皮に傷がないものを選びましょう.
傷があると食べごろになるまでに傷んでしまうので注意が必要です.
しかし傷などがあって早く追熟させたいときは,塩水でヘタの周りを湿らせておくことで数日で完熟になるそうです.

カニステルは完熟したものをそのまま食べても美味しいですが,ジャムジュースアイスクリームに加工して食べることもあります.

栄養素や効能について!

カニステルはβカロテンビタミンCナイアシンポリフェノール炭水化物が多く含まれています.
皮膚や粘膜の保護,神経症状を和らげる効果,疲労回復,風邪予防,アンチエイジング効果,肌荒れ防止,糖尿病のリスクの減少,生活習慣の予防などの効果が高いフルーツです.

豆知識:炭水化物がびっくりするくらい多い!

炭水化物はバナナが100gあたり22.5gほど,サツマイモが31.5gほどですが,カニステルはそれを超える36.7gほどの炭水化物を含有しています.
ダイエットをしていたり,炭水化物を気にしている場合は食べる量に注意が必要といえるとおもいます.
フルーツとは思えない満腹感を感じることができます.

カニステルの育て方は?

カニステルは非耐寒性樹緑樹のため,沖縄県などの温暖な地域以外では育てることが難しいフルーツです.
気温が23~30度程度の高温多湿で日当たりがよく,排水のよい用土で育てます.
温暖な地域でも冬にはハウスや室内で管理するのが適しています.

条件が揃っていれば植木鉢でも栽培が可能です.
種から育てても発芽率は90%程度あり,2~3週間で発芽します.

春と夏に花が咲きますが,実がつかないこともあります.
春に実がついたら夏につかないこともありますし,年2回実がつくこともあります.

高さが1mほどに育ったら直射日光に当てても問題ありませんが,苗木のころは直射日光は避けて,半日は日陰をつくることが大切です.

けんゆー

まとめるよ!


見た目だけでいうと柑橘類の仲間というイメージがありますが,実際はサツマイモカボチャのようなねっとりほくほくとした食感のある濃厚なフルーツです.
現在の沖縄県の市場でもあまり見かけないフルーツですが,昔から民家の庭木としても人気なフルーツです!
是非,食べたことのない人は機会があれば手にとってみて下さいね!.

この記事を読んでくれた人には,こちらの記事もオススメです!