食物繊維が豊富なバンレイシってなに!?
この記事のポイント
  • バンレイシについて徹底的に解説します.
  • 栄養価が高く,食物繊維がかなり豊富なフルーツ!
  • 栽培が簡単でポットでも可能な果樹!

こんにちは.けんゆー(@kenyu0501_)です.
バンレイシ釈迦頭(しゃかとう)と呼ばれるフルーツをご存知でしょうか!?


以前紹介したアテモヤとよく似たフルーツで,かなり糖度の高いフルーツです.
前回,アテモヤを紹介しましたが,アテモヤは,バンレイシとチェリモヤの交配種でしたね!
(記事:熱帯果樹を作っている農家が「アテモヤ」について徹底解説
バンレイシもアテモヤ と同様に,沖縄県でもスーパーに滅多に並ばないフルーツなので,かなり希少性の高いフルーツなのです.
また,糖度もびっくりするほど高く,一度食べたら病みつきになるフルーツなのです.
台湾などでは非常に人気のフルーツなのです.

けんゆー

実は,こちらのフルーツもゆきたかさんからいただいたものだよ!


今回は,そのバンレイシについて詳しく解説していきたいと思います.

バンレイシ(釈迦頭)とは!?

バンレイシは,バンレイシ科バンレイシ属の分類で,原産は西インド諸島です.
バンレイシ科の中では最も多く栽培されていて,熱帯地域で広く見られます!

沖縄の糸満市でも庭で栽培している家庭がちらほら見られます.

果実の表面にある,亀の甲羅のような亀甲系突起が特徴的で,その形態が釈迦の頭に似ていることから別名として「釈迦頭(しゃかとう)」と言われたりもします.
果実の形状は,球体もしくは心臓のような形をしています.

けんゆー

ほとんどアテモヤと変わらないよー!


けんゆー

木の上で完熟させても良いけど,その場合は虫などから防除するために袋をかけてねー!

花は枝先に1~3つ程度咲きます.黄緑色で6枚の花びらを持ちます.

樹の高さはそこまで大きくならず3 ~ 6 m程度に収まります.
常緑性ですが,アテモヤと同様,一時的な落葉性を持ち合わせた熱帯果樹です.

けんゆー

新芽が出るために,一時的に葉っぱが落ちるんだね!

追熟型の果物で,果肉は白,種子は黒い楕円形です.

けんゆー

タネが7個入っていたよ!!Youtubeの動画にも皮をむく様子を上げているので是非確認してみてねー!

バンレイシの栄養

100g当たりの栄養素を一緒に確認していきましょう!

<バンレイシの100g中に含まれる成分>
栄養素 含有量 効能
カロリー 94kcal 甘味の割に低め
カルシウム 24mg 骨や歯の形成
リン 32mg 骨や歯の形成
マグネシウム 21mg 骨や歯の形成
0.6mg 貧血改善,倦怠感の改善
カリウム 247mg 疲労回復,利尿作用
ビタミンC 36.3mg 免疫力,老化防止
ビタミンB2 0.11mg 皮膚や粘膜の機能維持
ナイアシン(B3) 0.883mg 神経系,健康維持
パントテン酸(B5) 0.226mg 動脈硬化予防,ストレス緩和
ビタミンB6 0.2mg 皮膚や粘膜の機能維持
葉酸 14μg 貧血改善
食物繊維 4.4g 腸内環境を整える

バンレイシの栄養素は,フルーツの中では,かなり高い方だと感じます.
特に食物繊維4.4gという数字は,かなり高いです.フルーツの中でもベスト10に入るほどです.

<食物繊維フルーツランキング>

ここで,食物繊維が高いフルーツベスト10を記載しておきます.

  1. かりん(8.9)
  2. 中国栗(8.5)
  3. 日本栗(6.6)
  4. アボカド(5.3)
  5. マルメロ(5.1)
  6. ラズベリー(4.7)
  7. きんかん(4.6)
  8. バンレイシ(4.4)
  9. アテモヤ (3.3)
  10. ブルーベリー(3.3)

なんと,あのアテモヤよりも食物繊維は豊富です.

また,リンマグネシウムなどの各種ミネラルもかなり高く,フルーツの中ではトップ10に入るものが多いです.(マグネシウム,リン,鉄,ビタミンB6,食物繊維がトップ10入り

けんゆー

ちなみにバンレイシのタネには毒があると言われているので,食べないように注意してくださいね!

バンレイシの栽培について

バンレイシの栽培に関する特徴について以下にまとめます.

バンレイシの栽培の特徴
  • 外気温が4℃を下回ると耐えきれない.
  • 果実の生育は,アテモヤよりも高温である必要がある.
  • 初夏に開花結実.秋に収穫.
  • 乾燥には強く,過湿には弱い.
  • 排水性の良い場所で栽培する.
  • 人工授粉をしなくても結実しやすい.

けんゆー

バンレイシは必ずしも人工授粉が必要ではないのだね!


アテモヤは人工授粉が必須ですが,バンレイシは必ずしも必要ではないと言われています.
なぜなら,雌しべの受粉期間中に,ちょうど花粉が放出されるからだと考えられています.
しかし,確実に受粉を狙うのであれば,人工授粉をさせた方が良いことは確かです.

樹がコンパクト!

バンレイシの樹はかなり小さめです.そのため管理が非常にやりやすい熱帯果樹です.
ポットで栽培することも可能です.
アテモヤほど,樹勢は強くなく,さらに人工授粉を必ずする必要がないので,かなり栽培しやすい熱帯果樹だと思います.
剪定や誘引方法などは,アテモヤと同じです.
誘引方法などを詳しく知りたい方は,こちらの記事を参考にしてください.
(参考:果樹の誘引方法について徹底解説!!

また,バンレイシを台木にすると,樹全体を小さく仕立てることができるので,そういった利用方法が注目されています.
アテモヤ,チェリモヤなどを小さい木で作りたい場合は,台木でバンレイシを使うと良いです.
アテモヤ,チェリモヤ,ギュウシンリ,イラマは,バンレイシと親和性の高い穂木と言われています.

Youtubeで動画解説!!!

完熟したバンレイシを食べてみました!その時の様子を動画にしましたのでぜひご覧下さい!

こちらの記事もオススメです

アテモヤに関する記事もオススメなので,是非読んで見てください!

けんゆー

読んでくれてありがとー!