【再生栽培】スーパーのパイナップルの上部のヘタを使って!【食べ終わったら植えてみよう】
この記事のポイント
  • ヘタを収集後,日陰で1週間ほど乾燥して土へ!
  • 2年から3年程度で完成する!
  • クローン繁殖なので,美味しい品種のヘタを使う!

けんゆー

はいさーい!記事リンク付きの感想ツイートなどは掲載される可能性あり!


こんにちは.けんゆー(@kenyu0501_)です.

今回は「パイナップルの再生栽培」について紹介していきたいと思います.
パイナップルを食べた後は,ぜひ,上部の草の部分(冠芽)を使って,再生栽培していただけたらと思います.
管理もとても簡単ですし,また2年後に美味しいパイナップルができるかと思います.

けんゆー

動画も見たい人は見てね!


この動画を見てくれた方々のコメントはこちら.

さて,この記事では,パイナップルの再生栽培の重要な部分,エッセンスを抜き出して,シェアしていきたいと思います.

エッセンス.

ヘタを使おう!

パイナップルには,多くの品種があります.
現在は,スーパーや直売所などで多くの品種が手に入ると思います.


けんゆー

9つの品種を食べ比べしてるよ!

ヘタを使って増やす方法は,クローン繁殖と言って,食べたものと同じ性質を持ったものができます.

けんゆー

種から増やすと品質はバラバラになるけど,ヘタから増やすと一緒なんだね!


そのため,自分が食べてみて,美味しい!と感じる品種のものを使ってください!
もちろん,栽培管理・肥培管理にもよるのですが,形質的には同じものができます!

パイナップルの場合は,ヘタを収集したすぐは,日陰で1週間くらい乾燥させておくと良いです.
これは,パイナップルがCAM植物であるという構造上の問題で,日陰だと特に枯れません.
上の図は,水に挿して発根をさせておりますが,日陰放置でも発根はされます.
発根後は,そのまま鉢植えに入れてください!

土を作る

土を作る上で大事なのは,土質,pHです.
パイナップルは,酸性を好む作物です.
大体pHが5程度の状態にします.

また,排水性,保水性,保肥性などが同時に担保されているとなお良いです.
今回は,赤玉土を中心に,鹿沼土,野菜の培養土をブレンドしました.
土を作るとき,ブレンドがめんどくさかったら,ブルーベリーの土を使っても良いです.

温度に気を付ける

パイナップルは熱帯の作物なので,温度に敏感です.
15℃を下回ると,成長が止まり,5℃程度で枯れる可能性があります.
そのため,冬の間は,室内に入れて保管するなどをされてください.

鉢底石を入れます.

散水用の水は,雨水を活用します.
カルキが入っておらず,安心して使うことができます.

パイナップルは,沖縄県では,今帰仁村とか国頭,東村などが有名ですよね.
広大な赤土に広がるパイン畑は見所満載です.

今回,元肥には,牛糞堆肥を活用しました.
堆肥は,肥料成分がとても少ないですが,普段畑に入れているものを使っております.
その上に,腐葉土を撒いております.

土を作り終えたら,pH計で,5付近であることを確認してください.

もっとパイナップルについて詳しく知りたい方は,ぜひ以下の動画をご覧ください.