【DIY池作り1】アボカドの山に水源確保のために「ため池」を作る!!!【所要時間15時間】
この記事のポイント
  • 水源の確保で池を作る!
  • 深さは1m!細めのネットと,ビニールハウス用のビニールで制作!
  • ため池ができるまでの工程をシェア!!

けんゆー

今日もDIYをしていくよ!


こんにちは.けんゆー(@kenyu0501_)です.

小屋を作ったり,ベンチを作ったりと数々のDIYを行ってきましたが,今回はため池を作ります.


けんゆー

小屋づくりはこちらから!


実は,アボカドの山には水源が無く,これまでポリバケツで対応していたのですが,そろそろ苗の本数が増えてきたので,水源が必要になってきました.
そこで,山の中央にため池を作ることにしました!

完成図から

まずは,完成した様子からお見せ致します.

5日間かけて穴を掘り,ビニールをかけて完成です.
毎日3時間くらいかけて,穴を手掘りしました.
一気に一日かけて,何時間もやってしまうと,腰や腕などの身体を痛めるので,無理のない範囲で日にち設定をしました.

けんゆー

それでもだいぶ疲れたよ...!

こちらのため池の目的は,アボカドの山の水源の確保です.

ため池の作成の流れは,
縦4m,横2m,深さ1mのにします.

穴を掘った後に,ネットを入れて,ビニールハウス用の厚手のビニールを2枚重ねていきます!

けんゆー

こちらがたまたま余っていたので,これを使うことにしたよ!!


それでは,作業の様子をどうぞ!

穴をひたすら掘る

夢中で穴を掘っている時には,気がつかなかったのですが,一箇所に土を積むのはナンセンスですね.
また後で,土をどかすはめ(全体にまいて,土地を均一の高さにする)になりました.

無駄な作業が一つ増えましたが,いい運動になりました.

こちらの山は,昔の人が,産廃を捨てていたようで,穴を掘っているといろんなものが出てきました.
バッテリーからプラスチック製品,金属製品,シートなど,あらゆるものが出てきて,びっくりしました.

けんゆー

ものは山に埋めるがあたり前だったんだね!

深さも1mほど,掘りました.
ここまでで,3日ほどかかりました.

そして,穴周辺も,1m弱の幅で20cmくらい掘り下げました.
ここに,ネットやビニールなどを固定します.

ネットとビニールを貼る

まずは細めの網を張ります.
雑草が生えてきた時に,ビニールを保護する役割があります.
風でネットが飛ばないように,風向きを考えて,おもし石を置いて,全体の位置を決めていきます.
その後に,ピンで固定しました.

その上からは,中古ですが,ビニールをかけます.
穴のサイズなども考えて,全体のビニールにかかるテンションもある程度考えつつ張りました.
こちらも,中古などで,刺しピンで止めました!

最後に,上から新品のビニールを張ります.
こちらも風向きを考えて張ります.
一人作業は風向きをいちいち考えないといけないので,大変です.
石を置いたり,退けたりの繰り返しの元,なんとか,張り終えました.

最後は盛り土をします.
まずは大きい石を周辺に置いて,ビニールがある程度飛ばないことを確認して,最後に土を盛ります.
ギリギリまで土を詰めると,池の中に土が落ちて,汚れると思ったので,盛り土はあまり深めにかけていません.
ビニールが飛ばないくらいでかけました.

とりあえず,なんとか池作りは完成です.
初心者でしたが,なんとか,作ることができました.
沖縄県は,ちょうど梅雨入り前だったので,良かったです.
また雨が降ったら,たまり具合なども確認できると思います.またブログの方でも状況などを発信していきます!

後日:数日が経過し,作った池がきちんと機能することを確かめました!池に水が溜まっている様子をご覧ください!

インスタグラムもやっているので,ぜひご覧ください!