【DIY小屋づくり5】屋根!!内側に断熱材を入れて,外側は角波トタンを貼る!【写真大量】
この記事のポイント
  • 断熱材を加工して,屋根に入れた!
  • 下地として,防水シートは貼った!
  • 角波トタンを屋根に使用した!

けんゆー

屋根の作業をしすぎて,高所恐怖症が治ったよ!!


こんにちは.けんゆー(@kenyu0501_)です.

父親とDIYで小屋を作ってます.
最近は,この小屋の中でお昼ご飯を食べるのが日課になっています.
前回は,床材を敷いて,壁を貼り付けました.


前回の記事をご覧になっていない方は,上のリンクからご覧ください.

そして,窓サッシにガラスが入りました.
ビニールハウス側は,人が通らないので,クリアにして,道路側は目隠しガラスにしてます.

さて,今回は,屋根を作っていきます!
屋根は,断熱材を入れて,ベニア合板防水シート角波トタンを貼って完成です!
その工程を大量の写真とともに,共有いたします.

断熱材を入れる

上の写真は,小屋の内側の様子です.雨が降って,かなりびちょびちょになりました!
天候は残酷ですね!待った無しなので,早めに屋根を作る必要があります!

こちらが断熱材です.
カネカの「カネライトフォームスーパーE-Ⅲ(3種b)」です.
(公式HPはこちら

公式ページから引用した特徴はこちらです.

独立気泡が熱伝導の三要素「対流・輻射・伝導」の数値を小さく固定することで,熱をさえぎり,結露を抑制します.
水が入りにくく,断熱性能の劣化を防いでいます.
完全ノンフロン化により,PRTR法対象物のゼロ化を実現しました.

暑さや寒さを凌げれば良いですね!

断熱材を屋根に貼るために,先ずは木材を単管に取り付けます!
今回は,単管と垂木をつなぐ,垂木止めクランプを使用しました.

この木材の間に,寸法を合わせた断熱材を貼っていきます!

隙間が若干空いてしまったところがありますが,ある程度は許容です!

この断熱材は,沖縄の強い日光を防ぎ,暑さを凌ぐ効果があります!
本当であれば,壁にも断熱材を入れたかったのですが,冬はあまり寒くならないので,壁には入れず,屋根だけ断熱材を入れることにしました!

なんとか,作業が終わりました!
この後は,上からベニア合板を貼って,防水シートを貼って,角波トタンで仕上げです!

けんゆー

この日は夜まで感張りました!笑

ベニア合板と防水シート

ベニア合板を貼り付けました.

その上から,防水シートを貼りました!
屋根の下地になります.ルーフィングですね!
ホームセンターで購入しましたが,amazonでも同様なものがあったりしますね!
屋根用 カラールーフィング 21m × 1m 23kg

角波トタンを貼る!

角波トタンを屋根の上に敷いていきます.
二人で屋根にトタンをあげていきます.

トタンの端には,面戸と言われるスポンジ雨よけを取り付けます.

屋根を整えたら,今度はビス止めです.
65mmの,ステンOTB(オオナミ トタン ビス)を使いました.

ボッシュのインパクトドライバーは最強ですね.
オススメです.

そんな感じで,屋根が完成しました!
これで,雨を凌げると思います!
次回は,室内の内装を仕上げていきます!


けんゆー

お楽しみに!!