【決定版】絶対食べておきたいマンゴーの種類8選
この記事のポイント
  • 日本で出回っているマンゴーの品種を徹底解説!
  • 各種マンゴーの特徴をおさらい!
  • 味の感想や糖度,価格帯などもシェア!

けんゆー

マンゴーの品種食べ比べたよ!!


こんにちは.けんゆー(@kenyu0501_)です.

けんゆー

上の動画に全てまとめたよ!


夏といえばマンゴーの時期ですね!
あまり知られてはいないですが,マンゴーにはいろんな種類・品種があります.
一般的に市場に出回っているのはアーウィンという品種でアップルマンゴーと呼ばれていますが,実はアーウィンよりも濃厚で美味しいマンゴーはめちゃくちゃあります!
巷では幻のマンゴーなんて呼ばれていることもありますが,沖縄県などの直売所やインターネット販売ではよく見かけます.
まだまだ認知度が低いマンゴーたちなので,知っておくとかなりお得でもっとマンゴーを楽しめると思います.

この記事ではそんなマンゴーたちを8つ紹介していきます.
ぜひ,ご覧ください!

包括的なマンゴーの評価

あらゆる要素を網羅してざっと比較していきたいと思います.
以下の表は,僕自身の調査になりますので,参考程度に見てください.

<各種マンゴーの評価比較>
品種大きさ糖度(%)食感・食味繊維価格
アーウィン350g程度14~16あっさり,癖なし.500円~1000円
トミーアトキンス500g程度14~16あっさり,癖なし.600円~1200円
玉文600g~2kg15~19滑らか・甘く濃厚.1500円~2500円
ナンドクマイ350g程度20程度柔らかい・強い甘さ.600円程度
金蜜350g程度20~とにかく甘い600円~1000円
キーツ500g~2kg12~19細い食感・濃厚.1000円~3000円
レッドキーツ1kg~2kg10~13滑らか・濃厚.2000円~4000円
キンコウ1kg~2kg15~20滑らか・濃厚.1500円程度

上の表は目安です.
大きさも糖度も価格も作っている人によって異なります.
おいら自身が沖縄県の直売店などを調査したまとめです.

一つ一つ詳しく紹介していきます.

アーウィン

アーウィンの特徴をまとめておきます.

  • 日本の市場で95%以上も流通している最も有名な品種!
  • 日本人に最も好まれる品種.
  • マンゴーといえばこれ!アップルマンゴーとも言われる.
  • 宮崎県の「太陽のたまご」もこの品種(糖度:15度〜,重さ:350g〜)
  • 沖縄県の「美らマンゴー」もこれ(糖度:15度〜,重さ:350g〜,色:鮮やかな鮮紅色)
  • 甘い良い香りがするが,マンゴー特有のテルペン臭が少ない.
  • マンゴーの中でも糖度は低い方.
  • 赤果皮のインド系の品種,単胚種子(品種を作りやすい).
  • 果皮は綺麗な鮮紅色,果肉は黄色〜橙色.
  • 繊維が適度に入っており型崩れがしにくい.
  • 炭疽病に弱い.

実際に糖度系を使って測ってみたら15程度でした.

沖縄の直売店で「美らマンゴー」が売っていましたので,参考程度に載せておきます.


けんゆー

動画もどうぞ!

トミーアトキンス

  • 世界で最もメジャーな品種
  • 果皮は赤いが艶がなく,白い点々が特徴的.
  • 日本では輸入品が多い.ブラジルとメキシコ産.
  • アーウィンに似た香り.食味はあっさり.マンゴー臭も弱い.
  • 繊維は中程度.
  • 豊産性で炭疽病に強い.
  • ムルゴバの実生でヘイデンが生まれ,ヘイデンの実生でトミーアトキンスが誕生.

とにかくアーウィンに似ています.

実際に糖度も測っておきました!16度でした.


けんゆー

動画もどうぞ!

玉文6号

玉文マンゴーの特徴をこちらの示します.

  • 台湾生まれの超良好品種!
  • 台湾台南市玉井区の郭文忠さんが作ったマンゴー.
  • 玉井区の「玉」と郭文忠さんの「文」で「玉文」となった.
  • 玉文は1号から19号まで作られており,こちらは6号.
  • 繊維がほとんどない.滑らかな舌触り.
  • 糖度が高く(15度〜),酸度0.16%程度,糖酸比がかなり高い,
  • 果皮は赤〜赤紫チックな綺麗な色.
  • 自然と笑顔になれる旨さ.
  • マンゴー特有のテルペン臭がする.


けんゆー

動画もどうぞ!

ナムドクマイ

  • タイの主要早生品種.
  • 1993年にタイから輸入が解禁されて日本に入った.
  • 結実が早くてアーウィンよりも早く市場に出てくることが多い.
  • ロイヤルマンゴーとかゴールデンマンゴーとか呼ばれたりする(ブランド).
  • 現地の言葉でナムドクマイ=「花の雫」という意味.
  • 未熟果で収穫しても甘みが強い品種.
  • 繊維は少なく滑らか.
  • 果皮と果肉は黄色.
  • 黒点病に対する抵抗性がある.
  • 東南アジア系の多胚種子(珠心胚:母親と同じ遺伝子を持つ).
  • お手頃価格でオススメ!


けんゆー

動画もどうぞ!

金蜜(キンミツ)

  • 台湾生まれのとにかく甘い品種.
  • アーウィンに蜂蜜をかけたような甘さ.
  • 台湾人の張金泉さんの父親(軍人)が作った.
  • フィリピンから品種不明のマンゴーを持ち帰ってきて,台湾原種の土マンゴーと交配してできた.
  • 果皮と果肉は黄色(金色)と濃蜜な味わい→「金蜜」.
  • 繊維が強い.
  • 糖度20%以上,酸度0.18%,糖酸比118.
  • 炭疽病に強い.アーウィンよりも長持ち.


けんゆー

動画もどうぞ!

キーツ

  • 晩生でアーウィンよりも遅く市場に出てくる.
  • 旬は8月中〜9月初旬.
  • 幻のマンゴーとも呼ばれているが,直売店ではかなり手に入りやすい.
  • 追熟型で収穫後,食べるまで数日を有する(追熟期間は白いブルーム(粉)が出ている.).
  • 500g ~ 2kgの大型の果実.
  • 果皮は黄緑〜緑色.
  • 繊維は少ない.濃厚な舌触り.
  • フロリダ生まれ.「ムルゴバ」の実生として誕生.
  • 糖度は12~19程度.濃甘!
  • 果皮がずっと緑なので収穫が難しい.
  • 収穫が早いと糖が乗らない,遅いと苦味や果皮の萎み.


けんゆー

動画もどうぞ!

レッドキーツ

  • 追熟型で大型のマンゴー!
  • 台湾台南市玉井区の郭文忠さんの玉文5号説が濃厚.
  • 緑色のキーツとは遺伝的類似性がかなり低い.
  • 糖度は10.3%,糖酸比38.3!
  • 糖度計で出てくる値とは裏腹にかなり美味しい!
  • 多汁.糖度は低いがかなり濃厚な食味!滑らかな食感.
  • 種が小さくて可食部が多い!


けんゆー

動画もどうぞ!

金煌(キンコウ)

  • 台湾生まれの大型品種.
  • 台湾高雄の黄金煌さんがキーツ種の改良で作った.
  • 追熟型,果皮は緑から黄色.
  • 果肉はキーツのようなオレンジ.
  • 繊維が少なく,滑らかな食感,食味は良好.
  • 糖度は15~20%,酸度0.24%,糖酸比73.
  • 炭疽病に強く,農薬の量を減らせる.
  • 雨避けしなくても収穫できる可能性が高い.