アボカドの水耕栽培の方法について徹底的に解説【スーパーで買ってきたアボカドの種を使う方法!】
アボカド水耕栽培のポイント
  • お店で冷やされていないものを買うこと!
  • 種の茶色い部分は剥ぎ取り,上下をカット!
  • 毎日水換えはNG!

けんゆー

アボカドの種はどうしている!!?


こんにちは.けんゆー(@kenyu0501_)です.

本日は,スーパーで買ってきたアボカドの種の水耕栽培のやり方を徹底的にご紹介いたします.
発芽率を1%でも高めるための工夫を詰め込みました!
おそらく,どこのwebページよりも参考になると思います!

けんゆー

ここまで書いているところはなかったので,,,

アボカドの種は手軽に発芽させることができるので,これまで種を捨てていたという方もぜひ挑戦してみてください.

アボカドの水耕栽培で大事な2つのこと!

水耕栽培のやり方は非常に簡単です.
まず,大事なことは以下の2つです.

  • スーパーで買うとき常温保存のアボカドを選ぶ!
  • 水を入れる容器は深いものを使用する!

この二つを守れば大体は発芽することができます.
スーパーでたまに冷蔵で販売されているところがありますが,あれはNGです.
スーパーのアボカドは大体,メキシコから輸入されてきますが,その時の冷蔵便で来ると,店頭でも冷やされます.
そうなると,アボカドの内部はすでに冷凍障害になっている可能性が高いので,発芽率が落ちます.

また,水を入れる容器がかなり浅いものを使用している方がおられますが,根が折れてしまう可能性があるので,それは避けたほうが良いです.

さらに少しでも発芽率を上げる方法!

さらに,以下の下処理をすることによって,発芽率を少しでも上げることができます.

けんゆー

上のイラストは土での栽培(プランター栽培)も同時に書いているけど,右側の水耕栽培を参考にしてね!プランター栽培はまた今度やるよ!

  1. 種の周囲の茶色い皮を剥ぐ!
  2. 種の上下を2~5mm程度切り落とす!
  3. つまようじを3本以上さして,しっかり固定!

種にもともとついている茶色い皮は取り除きましょう.
水腐れする原因になります.

また,種の上下を2~5mm程度,包丁でカットすると,種子がしっかりと割れて,発芽や発根がしやすくなります.
さらに,種のカットをすることで,つまようじを水平にさしやすくなります.

注意!!!
  • 水換えは毎日にやらない!
  • 水は水道水で良い!

水換えは,根っこを傷つける原因になるので,毎日やるべきではありません.
かといって,水は腐るので,交換をしなければいけません.
そのため,あらかじめ,大きい容器を使うことがオススメです.
小さい容器だと,水が腐り,頻繁に水を変えなければいけないので,なるべく,大きい容器で,水が腐るまでの時間が長いものにしましょう.

けんゆー

だいたい3〜5日に一回くらいの交換が目安かな!

また,水は水道水で良いです.
アボカドは大きい種の中に,すでに発芽してある程度大きくなるまでの養分が入っています.
そのため,液肥とかを水の中に溶かさなくても良いです.
水が腐りやすくなる原因になります.

以上のことを守ればかなり発芽率が上がると思います!
アボカド栽培頑張ってみてくださいねー!